オーブジェネレーションの最強キャラ・オーブは?ガチャのリセマラはすべき?

ゲーム
スポンサーリンク

DMMGAMESの新作RPG「オーブジェネレーション」が2020年1月16日についにリリースされますね!

 

そこで気になるのは「オーブジェネレーションの最強キャラ・オーブって?」「オーブジェネレーションのキャラの特徴は?」「ガチャを引いたけどもリセマラすべき?」ということではないでしょうか。

 

序盤から最強のキャラやオーブが使えると、サクサク進めることができて攻略に非常に有利ですよね。

 

逆に序盤に微妙なキャラやオーブを使っていると、なかなか勝てずにゲームが面白くないかも知れません。

 

そこで今回まとめた内容はこちら

  • オーブジェネレーションの最強キャラ・オーブは?
  • オーブジェネレーションのキャラクターの特徴
  • ガチャのリセマラはやるべき?

 

この記事を読むことで最強キャラやオーブの情報を知ることでできて、ゲームを楽しくすすめる事ができますよ!

※リリース前に記事を執筆しておりますので、正確な情報はリリース後に追記します!

オーブジェネレーションの最強キャラ・オーブは? リリース前の予測!

公式PVを見ての予想になりますが、最強キャラは「ヴァルトラウト」ではないかと思います!

 

凶暴でとてつもなく口の悪いサディスティックなマッドガール。過酷な環境にいた影響なのか、自分の感情をうまくコントロールできない。偉そうな人間や、偽善者を心の底から嫌っている。自分が嫌われ者であることを自覚しており、周囲からどう思われようが気にしない。自分に利益がある限り、行動を共にする。生に対する執着心が強く、追い詰められるとどんなに卑屈な行動を取ってでも、生き延びようとする。

※公式サイト説明文より

 

凶暴でとてつもなく口の悪いサディスティックなマッドガール」というめちゃめちゃ強そうな肩書を持っていますし、なによりキャッチのセリフが

 

こんなゴミみたいな世界、滅びちゃえ滅びちゃえ♪

 

ですからね笑

 

「過去には過酷な環境にいたこともあり、感情のブレーキがうまく効かない」という設定で、主人公たちにも容赦なく襲ってくると思われます。

 

一方で偉そうな人間や、偽善者を心の底から嫌っているようで、「筋が通らないことには納得できない」といった正義感ももっており、案外いいやつなんじゃない?という見解もあります。

 

なんにせよ見た目の通りおそらくラスボス級の強さを誇るキャラになるでしょう!!

 

オーブジェネレーションのキャラクターの特徴

マリエ

主人公チームのセンターを飾るのがこちらの「マリエ」です。

主人公らしく正義感が強く、常に正々堂々で、運動神経も抜群、といったまさに王道の主人公キャラで活躍すること間違いないと思われます!

 

サビーネ

常に穏やかで気品に溢れている、チームのクールな頭脳キャラ「サビーネ」です。

チームの中心として活躍していくことでしょう!

 

キルスティ

チームのイエローキャラ「キルスティ」です。

イエローなので大食いキャラなのかなと思いきや、「好戦的で口が悪く、本音をズケズケ言ってしまってトラブルを多発させる」という血気盛んなキャラのようです。

打点が高そうですね!

 

ヤーナ

チームのおっとりおねえさんキャラ「ヤーナ」です。

大柄でやさしいタイプで、おそらく回復系が強いキャラのような気がします!

こんなおねえさんに癒やされたいですね笑

 

セルマ

「天才的な頭脳の持ち主なのに天然ドジっ子」という謎の設定を持つ「セルマ」です。

クールな頭脳キャラ「サビーネ」とは対象的に「活発な感じで実は天才」というみたいですね。

ガチャのリセマラはやるべき?

オーブジェネレーションのガチャではキャラやオーブが手に入ると予想され、強いオーブが手に入る=序盤の攻略が格段に楽になるため、リセマラはやるべきだと思います!

 

リセマラの方法

  1. アプリをインストールする
  2. アプリを起動してチュートリアルを見る
  3. ガチャを引く

 

おそらくチュートリアルは5-10分だと思われますので、比較的かんたんにリセマラ可能だと思われます!

 

ぜひ強いオーブが手に入るまでチャレンジしてみてください!

まとめ

今回この記事では、オーブジェネレーションの最強キャラ、最強オーブ、ガチャのリセマラの必要性について詳しくご紹介しました!

結果として

  • オーブジェネレーションの最強キャラは「ヴァルトラウト」ではないか
  • オーブジェネレーションのリセマラはやるべき

といったことがわかりましたね!

 

ぜひこの記事の内容をもとにオーブジェネレーションを引き続き楽しんでください!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました