新型コロナウイルスの症状は?発熱・喉が痛い・鼻水・鼻づまりの場合は感染?

新型コロナウイルス
スポンサーリンク

新型コロナウイルス(新型肺炎)が世界的にどんどん広まっています。

 

ここで気になるのは「自分は感染してしまっていないのだろうか?」「新型コロナウイルスの症状は?」「発熱や喉の痛み、鼻水や鼻づまりの症状は感染の兆候なのか?」といったことではないでしょうか。

 

そこで今回まとめた内容がこちら

  • 新型コロナウイルス(新型肺炎)の症状は?
  • 発熱・喉が痛い・鼻水・鼻づまりの場合は感染の疑いあり?

 

この記事を正しい情報を学んで、冷静にどうすべきかを行動に落としていきましょう。

 

新型コロナウイルス(新型肺炎)の症状は?

新型コロナウイルス(新型肺炎)の症状についてメディカルノートの記事の中で防衛医科大学校 防衛医学研究センターの加來 浩器教授は次のように説明しております。

新型コロナウイルス関連肺炎では、発熱(37.5℃以上)、喉の痛み、咳、痰、胸部不快感などの一般的な肺炎症状が見られるケースが多いとされていますが、これらの症状がほとんどない感染者も報告されています。一方で、急激に呼吸困難などの症状が現れて死に至るケースもあるとされています。

また、中国の国営メディア「新華社通信」の報告によれば、新型コロナウイルス関連肺炎は典型的な肺炎症状だけでなく、下痢や吐き気などの消化器症状、頭痛、全身倦怠感といった、一見肺炎とは関係ないような症状が現れることも多いとのことです。このため、診断の遅れにつながり、感染を拡大する可能性もあるとして注意喚起がなされています。

 

 

一般的な風邪にも似た症状が出る一方で、症状があまり見られない場合でも感染している可能性があり、場合によっては急激に悪化することもあるようです。

 

この結果を見ますと確実にこれ、という症状が定まっておらず、風邪に似た症状であったり、一方で症状がなかったり、急激に悪化したり、下痢や吐き気、頭痛、倦怠感などの多岐にわたる症状が確認されているようです。

発熱・喉が痛い・鼻水・鼻づまりの場合は感染の疑いあり?

上記にある通り、発熱・喉が痛い・鼻水・鼻づまりの場合は感染の疑いはゼロではないと思われます。

 

ただ一般的な風邪やインフルエンザも流行する季節ですので、それらと見分けるためには、武漢市に滞在歴がある方や新型コロナウイルス感染症の方と接触したかどうか、を重視して判断するほうがよいのかも知れません。

 

現在のところ新型コロナウイルスは日本全国で大流行している、というほどでもないですので、発熱・喉が痛い・鼻水・鼻づまりなどの症状が出た際にすぐに「新型コロナウイルスに感染してしまった」と考えるのではなく、速やかに医療機関への受診することが重要だと思います。

 

ただ、武漢市に滞在歴がある方や新型コロナウイルス感染症の方と接触したことがあり、症状が出た際には、事前に医療機関へ連絡し、マスクを着用し速やかに受診するようにしてください。

まとめ

今回は新型コロナウイルスの症状について、また発熱・喉が痛い・鼻水・鼻づまりの場合には感染の疑いがあるのか、ということについて調べてまとめました。

 

その結果

  • 新型コロナウイルスの症状は、発熱(37.5℃以上)、喉の痛み、咳、痰、胸部不快感などの一般的な肺炎症状が見られるケースが多い
  • 発熱・喉が痛い・鼻水・鼻づまりなどの症状が発生した場合にはすみやかに医療機関へ受診を行うことが重要
  • 武漢市に滞在歴がある方や新型コロナウイルス感染症の方と接触したことがあり、症状が出た際には、事前に医療機関へ連絡し、マスクを着用し速やかに受診する

といったことがわかりました。

 

新型コロナウイルスに関してはまだわかっていないことも多いため、不用意に警戒するのではなく、正しい情報を手に入れて冷静に行動していきましょう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました