【新型コロナウイルス】沖縄旅行の危険性は?中止・キャンセルすべき?

新型コロナウイルス
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染者が各地ででてきていますね。

 

特に新型コロナウイルスに関して沖縄での旅行の予定がある人は「新型コロナウイルスで沖縄旅行の危険性は?」「新型コロナウイルスを警戒して沖縄旅行をキャンセルすべき?」ということが気になるのではないでしょうか。

 

折角楽しみにしていた旅行で新型コロナウイルスに感染してしまってはすごく残念ですよね。

 

そこで今回まとめた内容がこちら

  • 新型コロナウイルスで沖縄旅行の危険性は?
  • 新型コロナウイルスを警戒して沖縄旅行を中止・キャンセルすべき?
  • 旅行における新型コロナウイルスの予防方法は?

 

この記事を読んで新型コロナウイルスが広まっていく中で旅行をすべきかどうか判断すると良いと思います。

 

新型コロナウイルスで沖縄旅行の危険性は?

現時点では新型コロナウイルスの沖縄県での感染の危険性は低くないものと思われます。

 

その理由として2月14日、沖縄県においてクルーズ船の客を乗せたタクシー運転手が新型コロナウイルスの感染が確認されました。

 

新型ウイルス 沖縄でも クルーズ船の客を乗せたタクシー運転手 | NHKニュース
沖縄県内に住む60代のタクシー運転手の女性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。この運転手は、集団感染…

 

  • 集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が寄港した際に乗客をタクシーに乗せていた
  • クルーズ船は2月1日に沖縄県に寄港
  • クルーズ船に乗っていた横浜市に住む4名の女性をタクシーに乗せた
  • 運転手は5日に咳がひどくなり医療機関で受診したところ新型コロナウイルスへの感染が確認
  • 2月1日から2月7日までは休みをはさみながら出勤
  • 出勤の際には50人近くをタクシーに乗せた

 

特に感染後の期間が含まれる2月1日から2月7日に50人近くの客を乗せており、この50人のうちに感染が拡大している可能性もあります。

 

沖縄県の見解は?

1月には沖縄県の公式HPによりますと以下の記載がありましたが、現在では削除されており、今現在では下記のような状況ではなくなったということが考えられます。

2-1 市民の対策は?:新型コロナウイルスへの感染を防ぐため、どのような対策をとればよいのでしょうか?

患者を診療する可能性のある医療従事者でない限り、現時点で特別な対策をとる必要はありません。あえて挙げるとすれば、咳エチケットや手洗いなど日頃の感染対策をしっかりすることです。インフルエンザが流行していますが、咳エチケットや手洗いはインフルエンザの対策でもあります。その対策をしっかりお願いします。こうした心がけが、今回の新型コロナウイルスを防ぐことにもつながります。

2―2 市民の対策は?:新型コロナウイルスについての情報が不明で不安

不安はごもっともですが、県内で発生がない段階で特段の心配は不要です。ヒトーヒトの感染は限定的です。武漢への渡航歴のある方や、そういった方との接触歴がない限り過剰な心配は不要です。それよりも、インフルエンザが流行していますので、そちらの心配と対応をお願いします。手洗いや咳エチケットなどの感染対策をお願いします。発熱や咳などの症状がある人は、仕事は休み、周囲にうつさないように注意してください。これらの対策は新型コロナウイルスに対しても有効です。

3―1 観光業・旅行業従事者の対策は?:海外からの観光客、特に中国からの観光客を迎え入れる観光業・旅行業従事者は、どのような対策をとればよいのでしょうか?

基本はインフルエンザの対策と同じです。咳エチケットや手洗いなど日頃の感染対策をしっかりしましょう。
多くの人が触れる箇所の消毒も有効です。日常的な消毒に加えてこまめな消毒を実施することは感染予防の強化と言えます。
なお、1月29日時点で、厚労省は、患者の立ち寄り先には、消毒等の特別な処置は不要との見解を示しています。

 

外国人観光者の推移は

一方で沖縄県の公表している外国人観光者の数の推移を見てみると中国からの観光客は12月においても5万人を超えており、それなりの数の観光客が沖縄県に来ていると思われます。

 

令和元年(暦年)入域観光客統計概況(令和2年1月23日発表)/沖縄県

そのため、他の県に比べて海外からの観光者が多い分、感染のリスクは高い可能性もあります。

新型コロナウイルスを警戒して沖縄旅行を中止・キャンセルすべき?

現時点においては、新型コロナウイルスが出ており、なおかつこれからの拡大も考えられるため可能であれば沖縄旅行を中止・キャンセルする選択肢もありと思われます。

 

沖縄県のHPにも、1月には以下の記載がありましたが現時点ではこの記述が削除されており、感染のリスクが低くないものと思われます。

1―8 春節の影響は?:中国では、1月24日から春節の連休が始まります。日本を訪れる方も多いかと思いますが、それによって、感染が拡大する可能性はあるのでしょうか?

1月23日、中国政府は武漢市に通じる交通機関を停止しました。24日には、この措置を武漢市含む湖北省全域に拡大しました。実質的な封鎖です。また24日、日本の外務省は武漢市の感染症危険レベルを3に引き上げました。「武漢市への渡航は止めてください(渡航中止勧告)」というメッセージです。これらの対応でリスクはかなり軽減されます。また1月24日から検疫所での水際対策も強化されます。27日からは中国政府は海外への団体旅行を禁止しています。これまでよりは日本に感染者が入ってくる可能性は低くなっていますので安心情報とお考え下さい。

 

ただ、完全に問題がないとは断定はできないため、飛行機等閉鎖的な空間にいることも含め、大事をとって旅行の機会を見直すこともよいかもしれません。

 

旅行における新型コロナウイルスの予防方法は?

厚生労働省によりますと新型コロナウイルスの予防方法は次のとおりです。

 

  • 咳エチケットとして咳が出る場合にはマスクを付ける
  • 人混みでのマスク着用
  • こまめな手洗いうがいを行う
  • 手や身の回り品のアルコール消毒を行う

 

一般的な風邪やインフルエンザの予防と一緒ですのでわかりやすいですよね。

現状は新型コロナウイルスに対してもシンプルな対策がベストのようです。

 

まとめ

今回この記事では、新型コロナウイルスが世界的に流行していることを受けての沖縄旅行の危険性、旅行を中止・キャンセルすべきか、また予防方法についてまとめました。

 

その結果

  • 沖縄県では現時点で感染者が確認され今後も拡大する可能性があるため、新型コロナウイルスの危険性は低くない
  • 可能であれば沖縄旅行を中止・キャンセルする選択肢もおおいにありえる
  • 旅行に行く際の新型コロナウイルスの予防方法は一般的な風邪やインフルエンザと同じく、手洗いうがい、マスク着用、アルコール消毒などが有効である

といったことがわかりました。

 

みなさんも沖縄への旅行に際してはこの記事を読んで考えてもらえれば幸いです。

 

あわせて読みたい

【毎日更新】新型コロナウイルス都道府県別の感染者人数まとめ|日本の死者も
新型コロナウイルス(新型肺炎)が日本でも感染者が広まっています。 「新型コロナウイルスの感染者は日本のどこで発生しているのか」「都道府県別の死者の数」といった情報を知りたいことと思います。 そこで今回まとめた内容...
【毎日更新】新型コロナウイルス国別発生状況まとめ|世界感染者数の推移グラフも
新型コロナウイルスが世界的に広まってきております。 世界での流行はどの程度なのか、感染者の推移などについて知りたいと思います。 そこで今回まとめた内容がこちら 新型コロナウイルスの国別の現在の感染者数・...

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました